【第14回】8割以上にもう必要ないと言われたペッパー君の話

【8割以上にもう必要ないと言われたペッパー君の話】

ソフトバンクの人型ロボット

「Pepper(ペッパー)」

を知っている方も多いはず。

ショッピングモール銭湯
さまざまな店頭で見かけますからね。

そのPepperですが、
2015年10月から契約期間が3年の
法人向けモデル「Pepper for Biz」
として提供がはじまりました。

つまり、

Pepperを契約した法人
今年2018年10月で契約更新だったんですね。

(実際どの程度更新があったかは
 公表されてないようです)

しかし、

調査によると、レンタル契約の更新
希望・予定する企業はわずか

”15%”

だったそうです…。

では実際に
Pepper導入した企業のかたの
どのようなものがあるかを見ていきましょう。

「3年前は目新しさがあったのですが、
 今となってはブームは過ぎ去り
 Pepperを見かけても、多くの人が
 スルーしていきます」

「ロビーやフロント前においても、
 話しかけるのは小さい子どもだけ。
 今は、倉庫に眠っています」

「ここ数年、急速にウェブサービスアプリケーション
 AIが発達してきたことで、Pepperである必要がない」

「他のサービスで補填できる」

このような声がありました。

Pepperが使い物にならないことは
弊社のメルマガを読んでいる方は
よく分かっているかと思いますが…

他にも更新新規契約
ネックになるのは費用でしょうね。

Pepperの法人向けプラン(3年契約)は、
手数料月額利用料

”198万9800円(税抜き)”

です。

これは高すぎですよね。

投資対リターン不明瞭なのに、
この金額をPepperに投資できる会社
そうないですよね。

特に今では唯一の利点でもあった
”目新しさ”すらも薄れてますから…

どうなっていくのか分かりませんが、
うつむいて店頭に立っている
かわいそうなペッパー君

今後どのようにリニューアルして
進化していくのかは注目していたいと思います!

がんばれペッパー君!!

↓ ↓ ↓

公式LINEにてAIの最新情報を無料でお届けしています!
メッセージをいただければ個別相談も可能です。
【Shannon Lab公式LINE】登録はこちら↓
https://lin.ee/51AvzBZ
ID検索はこちら→@wcl3002n

※この記事は過去に配信した以下メルマガを基にしています
 2018年11月9日