【第27回】企業のAI導入が進まない根本原因はこれだった!

【企業のAI導入が進まない根本原因はこれだった!】

企業でAIの導入
なかなか進まない要因の1つに

失敗を異常に嫌う

というのがあります。

理想は、
会社の慣例伝統など面倒なものは無視して、
チャレンジ精神が旺盛な人をもっと偉い
役職
に据えた方がいいですね。

決定権のある方
セミナーに乗り込んできたり
熱い問い合わせをもらったりすると、
かなりやる気を感じますね

ベンチャーが提案する金額なんて
大企業からすれば大した物では
ないですから、小さい金額
試してみたらいいんです。

まずはここまで進めて、
成功したら次に、
ダメだったらやり直し

という形で少しずつ進めていけばいいんです。

とても単純なことですよね。

でも今はそれすらができていないです。

実際のところ、
AI開発における失敗は、失敗じゃないです。

1回うまくいかなかったとしても、
それは次の成功への布石なんですよ。

AIの場合は、

「データがたまる」

言い換えてもいいかもしれませんね。

AI開発一発OKの会社なんてまずないです。

皆さん失敗って言葉におびえ過ぎです。

特に、

大企業古い体質の会社
引き起こしている問題です。

でもそういう会社ほど、
AIAIって言うんですよね。笑

大企業では、
決裁権を持っている人が本気
ならないと何も決まりませんし、
プロジェクトは進みません。 

現場レベルで本気になっても、
決裁層まで何層もあって次第に
熱量が削がれてしまう

よくあるパターンです。

スマホなどの製品のように
日本の企業は目に見える“モノ”
あると動くんですよね。

目に見えてるもの怖くないし、
好きなんです。

でも

AIは目に見えないから
決裁層に企画が上がらない。。。

にいけばいくほど、
モノがないと理解できないし、
自分たちの時代とは違うことが
理解できていません。

(いるにはいますが本当にごく少数です)

日本企業が
ネットとかデジタルの世界
不得意な理由の根本原因は、

恐らく

「目で見て、手で触って確認できないから」

なのでしょうね。

失敗目に見えないもの
恐れていると時代に取り残されて
しまいます

新しいこと失敗を受け入れて、
前に進む努力をしていきましょう!

↓ ↓ ↓

公式LINEにてAIの最新情報を無料でお届けしています!
メッセージをいただければ個別相談も可能です。
【Shannon Lab公式LINE】登録はこちら↓
https://lin.ee/51AvzBZ
ID検索はこちら→@wcl3002n

※この記事は過去に配信した以下メルマガを基にしています
 2019年7月3日