【第43回】AI開発の依頼の仕方まちがってませんか?②

 =出会いたいあなたを見つけるには=

前回もお話ししましたが、
IT製品の検討時間がかかります
ムダも多いです。

これまでのやり方を変えなければ
導入側提案側ムダなリソースが
費やされる
ばかりです。

ムダをなくして効率化したりするのが
AI導入の目的の1つですが、
これでは本末転倒です。

しかし、
ユーザー企業のITリテラシーの
向上
には時間がかかります

導入側と提案側のミスマッチをすぐに減らして
効率よく情報収集比較検討を進めるには
どうすればいいと思いますか?

お互い手間をかけずに複数の製品を比較検討できて、
気軽に担当者に相談できたら良い感じですよね。

すでにある仕組みとしては

「マッチングアプリ」

「街コン」

のような仕組みベストと思いませんか?

※街コンやマッチングアプリを知らない方は
 ググってみてくださいね。

結婚や恋愛につながる出会いを求める男女が、
確実に異性と出会え気軽に交流することができます。

これらをベースに考えてみると、
AIの活用を考えているユーザー企業と、
提供するベンダーマッチングする場
あれば良さそうです。

似た仕組みの展示会が想像しやすいですね。

しかし、
展示会は、開催回数は限られていますし、
出展費用もそこそこ高かったり負担が
大きい
です。

なので、費用をおさえるために、
場所は都内の貸し会議室を使って、
複数のベンダーが集まる合同セミナー的なのは
いい線かもしれません。

比較検討や情報収集をしたいユーザーを集めて、
半日で複数製品の担当者その場で相談できます。

展示会でも同様のことは可能ですが、
イスに座って静かな環境で説明できますし、
コンセプトの近い製品を少数集めるほうが
確度の高い顧客を呼べます

さらにプレゼンやデモをライブ配信したり、
撮影した動画を活用すれば、当日参加できなかった方
地方の方にもアプローチできます。

貸し会議室などでの合同セミナーなら
毎月開催でも費用は安く済みますし、

AI活用は緊急性の高いものではないので、
月1回程度が良いと感じます。

受注確度の分からない顧客を何度も
訪問したり
対応するより、
最初はミスマッチを防ぐため

コンセプトが決まっている小規模合同セミナー
参加してもらう方が、手間も省けて
社内リソースも効率的に活用できて
お得な方法かと思います。

コロナが落ち着いたら、やってみるのも
面白いかもしれませんね。

もちろん感染対策は万全で^^


 
 =意思決定の矛盾=

意思決定を早めるため意思決定が遅い

という矛盾についてお伝えしていきます。

業務効率化を実現するためなのに、

それにあまりにも長い時間ムダな手間

をかけるのは、体をはったギャグ
にしか見えませんよね。

AIを導入する背景には

「人件費をおさえたい」
「効率的に成果をだしたい」

など色々とありますが、
意思決定を早くした方
よほど効果がある場合もあります。

いつまでも使い勝手の悪い古いシステム
一部の社員に依存するプログラミング

機械に置きかえれる仕事を人にやらせて
お金をたれ流すのは限界があります。

こういった問題を解決するため
AIを活用するのに、

半年かけて情報を集めて
1年かけて比較や検討をして、
3年かけて必要なライセンスをそろえて

と進めていたら、
全社で本格的に使われるころには
新しい技術革新が起こってしまって
いるかもしれません。

AI活用の効果目的は、

・無駄なコストの発見と削減
・意思決定の迅速化
・データによる意思決定

などかと思います。

それを実現するために、
どれだけの手間時間をかけるのでしょう。

関わったAIベンダーの手間や時間を含めれば
提案、資料作成、デモ準備、PoC、
トレーニングやレクチャーなど多岐に
わたります

もし実際にすでにAIを導入したなら、

まずは導入にかかったコスト
価格以外の観点で分析してみるのは
いかがでしょうか?

様々な気づきがあるかと思います。

そしてこれからAI活用を進めていくならば
求めている成果を出すために

”どのようなデータが必要なのか”
”どの学習方法が適しているか”
”どのように精度を上げていくか”

というのは
持っているデータやお客様の状況
個々によって変わってきます。

これは素人ではわかりません

開発者が判断する必要があります。

なので、

AIの技術がしっかりわかっている人
コンサルティングを依頼するのが重要です。

AIの開発は依頼側開発側の二人三脚で
進めないといたい目を見てしまいますから…

もしお悩みでしたら
LINEで相談を受けてますので
お気軽にご連絡くださいね^^
 ↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40wcl3002n

↓ ↓ ↓

公式LINEにてAIの最新情報を無料でお届けしています!
メッセージをいただければ個別相談も可能です。
【Shannon Lab公式LINE】登録はこちら↓
https://lin.ee/51AvzBZ
ID検索はこちら→@wcl3002n

※この記事は過去に配信した以下メルマガを基にしています
 2020年5月20日
 2020年5月27日