YOLOで動画解析

お世話になっております。
AIの最先端研究所 Shannon Labです。
 
 
本日は、
 
【すごいっていうけど今のAIってどんなレベル??】
~ YOLOの動画認識 ~
 
についてお話ししていきたいと思います。
 
 

 

 
AIの活用例だったり
AIの精度がわかる事例を紹介するコーナー
として、今回は1例を軽くご紹介します。
 
 
まずはこちらをご覧ください。


 
 
なにが行われているかというと、
道路を通っている人だったり、
自転車、バイク、自動車をAI自身が
認識・判断している動画になります。
 
 
動画内の四角枠の文字や数字を
もう一度ご覧ください。


 
 
どうですか?
すごくないですか?
 
けっこう高い精度がでてますよね。
 
 
動画 は静止画の連続であるから、
AIの得意分野であることは
 
読者のあなたはよく理解されて
いると思います。
 
 
画像ではすでに高い精度を出していましたが、
動画もここまできましたね。
 
 
これは物体検知手法の1つで有名な
「YOLO」が使われています。
 
 
物体検知とは、
 
「ある画像(動画)を取り込み、
 画像(動画)から定められた物体の位置と
 カテゴリーを検出する」
 
手法のことです。
 
 
例えば、
 
画像から、
「ネコ」と「ネコの位置」を含めて
検出するといったイメージですね。
 
 
YOLOの動画認識の精度も
かなりあがってきました。
 
 
これをどうビジネスに活かすか?
面白くなりそうですね!^^
 
 
ちなみに、YOLO は
 
「You Only Look Once」
 
の頭文字なんですが、
 
 
これは
 
「You only live once」
 
人生は一度きり、
ということわざのもじったものなんです。
 
 
そう思って毎日を過ごしていきたいですね^^
 
 
 
PS.
 
夏にインターンに来てくれていた学生の
感想が届いたのでどうぞ!
 
 
東京都立産業技術高等専門学校
ものづくり工学科 電子電気コース
倉田くん
http://em-tr270.com/L91663/d1769/41271
 
カリフォルニア大学サンディエゴ校
航空宇宙工学専攻
久村くん
http://em-tr270.com/L91663/d1769/51271